一人よがりではなく思いやりのあるセックスをしよう

セックスフレンドというのは、お互いの体だけを求め合う関係です。

恋人相手だと「私のこと体目的でしか見ていないの!?」などケンカになってしまうかもしれませんが、セフレだとそんなことはありません。

しかしいくら体だけの関係と言っても、一人よがりのセックスをしてしまうと関係も短期間で終わってしまうかもしれません。

終わらない関係にするためには、飽きさせない工夫をすることが大切です。

そして一人よがりのセックスではなく、思いやりのあるセックスをすることが、セフレという関係を長期間継続させるために必要なことでしょう。

体だけの関係であって体だけの関係でない

少し矛盾しているようですが、セフレというのは体だけの関係であって、体だけの関係ではありません。

どういうことかというと、最初の方にも書いたように一人よがりのセックスではいけないということです。

どうしてもセックスフレンドという名前からも「ヤリ目」感が強くなってしまいます。

ですが関係を続けたいなら、自分の性欲を解消したいという考えだけではいけません。

つまり思いやりを持って、相手も喜ぶようなセックスをすることが大切なのです。

一人よがりのセックスってどんなセックス?

では一人よがりのセックスとは、どんなセックスなのでしょうか。

例えば相手の前戯は適当にして、自分がしてもらう時はあれこれ要求したり、長時間してもらったりするといったものです。

自分ばかり気持ち良くなって、望むようにしてもらうのは良くありません。相手も気持ち良くしてあげること、相手の要求に答えてあげることが大切です。

思いやりのあるセックスってどんなセックス?

次に思いやりのあるセックスについて考えてみましょう。

やはり相手の嫌がることはしないというのが、一番大切ではないでしょうか。

中には嫌がる顔を見るのが好きという人もありますが、相手が本気で嫌がっていた場合、それこそ一人よがりのセックスになってしまいます。

ずっとそんなセックスをしていると相手に離れられてしまうかもしれないので気をつけましょう。