* You are viewing the archive for 9月, 2015

一人よがりではなく思いやりのあるセックスをしよう

セックスフレンドというのは、お互いの体だけを求め合う関係です。

恋人相手だと「私のこと体目的でしか見ていないの!?」などケンカになってしまうかもしれませんが、セフレだとそんなことはありません。

しかしいくら体だけの関係と言っても、一人よがりのセックスをしてしまうと関係も短期間で終わってしまうかもしれません。

終わらない関係にするためには、飽きさせない工夫をすることが大切です。

そして一人よがりのセックスではなく、思いやりのあるセックスをすることが、セフレという関係を長期間継続させるために必要なことでしょう。

体だけの関係であって体だけの関係でない

少し矛盾しているようですが、セフレというのは体だけの関係であって、体だけの関係ではありません。

どういうことかというと、最初の方にも書いたように一人よがりのセックスではいけないということです。

どうしてもセックスフレンドという名前からも「ヤリ目」感が強くなってしまいます。

ですが関係を続けたいなら、自分の性欲を解消したいという考えだけではいけません。

つまり思いやりを持って、相手も喜ぶようなセックスをすることが大切なのです。

一人よがりのセックスってどんなセックス?

では一人よがりのセックスとは、どんなセックスなのでしょうか。

例えば相手の前戯は適当にして、自分がしてもらう時はあれこれ要求したり、長時間してもらったりするといったものです。

自分ばかり気持ち良くなって、望むようにしてもらうのは良くありません。相手も気持ち良くしてあげること、相手の要求に答えてあげることが大切です。

思いやりのあるセックスってどんなセックス?

次に思いやりのあるセックスについて考えてみましょう。

やはり相手の嫌がることはしないというのが、一番大切ではないでしょうか。

中には嫌がる顔を見るのが好きという人もありますが、相手が本気で嫌がっていた場合、それこそ一人よがりのセックスになってしまいます。

ずっとそんなセックスをしていると相手に離れられてしまうかもしれないので気をつけましょう。

お互いにあまり干渉しすぎないことが大切

セックスフレンドを短期間で終わらない関係にするためには、どういったことに気をつければよいのでしょうか。

また長期間関係を継続させるために、必要なこととはどういったことなのでしょうか。

セックスのプレイ内容など飽きさせない工夫をすることも大切ですが、それだけではいけません。

今回はセフレとの関係を長続きさせるポイントを紹介していきます。

お互いにあまり干渉しないこと

セフレという関係を長期間継続させたいのなら、お互いのプライベートにはあまり干渉しないことです。

わざわざ恋人関係ではなく、セックスフレンドという関係に留まる理由を考えてみてください。

おそらくそれは、セックスフレンドという軽い関係が良いからではないでしょうか。

恋人だとお互い距離が近すぎるため、ちょっとしたことが気になるようになってしまうことがあります。

連絡がないだけで不安になってしまい、どこにいるのか、誰といるのか、何をしているのか気になってしまうのです。

このように相手のプライベートが気になり、恋人のように干渉してしまうと重い関係になるおそれがあります。

重い関係はしんどくなってしまい、関係が終わってしまう可能性も出てきます。

上手に付き合っていくこと

セフレとの関係を継続させるためには、上手に付き合っていくこと、これに尽きます。

セックスフレンドというように友達であっても、体の関係はあるのでそれ以上の関係と言えます。

ですが恋人のように距離が近すぎるわけではありません。言ってしまえば友達以上恋人未満のような関係性でしょうか。

関係を重ねることで相手への支配欲が出てこないように意識しましょう。

ちょっとした言動が相手を束縛し、自由を奪ってしまいます。

都合のいい関係でいよう

お互い都合のいい関係でいればよいと思います。ヤリたい時、会いたい時に気軽に誘って会えるのが良いです。

用事などがあって会えないなら、「じゃあ仕方ないね」と話を終えることができるような、軽い関係が望ましいでしょう。