セフレ関係が短期間で終わらないためにはどうすべき?

セフレ関係が短期間で終わらないためには、どうすればよいのでしょうか。
セフレというのは、そう簡単にできるものではありません。もちろん人によっては、難なくセフレをゲットする人もいるかもしれません。
それでも普通に考えたら、簡単な話ではないでしょう。

そしてセフレは、体だけの関係だからこそ長期間関係を継続させることも難しいです。

セフレとの関係が短期間で終わらないために必要なこととは、一体どういったことがあるのか考えていきたいと思います。

お互いに干渉しすぎない

やはりセフレという関係を継続していく上で大切なのは、お互いに干渉し過ぎないということではないでしょうか。

ある意味恋人関係のように重くないのが、セフレの良いところなのかもしれません。

セフレとは本来、お互いに好意を持たず体を重ねるだけの存在です。

しかし人間というのは不思議なもので、何度もセックスしたりキスしたりすることで感情が揺れ動くことがあります。

徐々に独占欲や支配欲、嫉妬心などいろんな欲・感情が湧いてきます。

その結果、相手が今誰とどこにいて何をしているのか気になってしまうのです。

セフレに限った話ではありませんが、ここまで考えが重くなってしまうと関係は長続きしません。

適度な距離感で適度に会うこと

セフレはセックスこそしますが、その距離感が恋人ほど近くなってしまうと関係が終わってしまう可能性が高くなります。

ある意味お互いにとって都合がいい関係だからこそ長続きするのです。

セックスをすること以上に、多くを相手に望んでしまうといけません。

だからといって距離を取り過ぎて会う頻度が少ないと、関係がフェードアウトして消えてしまう場合もあります。
適度に会ってセックスをすることが大切です。

もし毎日でも会いたいと思っているなら、セフレを何人か作っておいて気が向いたときにそれぞれの相手に順に連絡を取るようにすればいいのではないでしょうか。
実際にせふれ募集サイトを使って日本全国せふれ探しをして、毎日別のセフレとエッチを楽しんでいる強者もいるくらいですからね。

思いやりのあるセックスを

いくらセックスフレンドだからといって、自分の欲望のままのプレイをしてはいけません。

相手も一人の人間ですから好き嫌いや良し悪しがあります。

「こういうプレイをしてみたいんだけど」と歩み寄る分には良いですが、相手の意思を聞かずに一人よがりでプレイをするのはやめましょう。

プレイがマンネリ化しないように気をつけよう

セフレはいわばセックスに特化した友達です。

そのため毎回似たり寄ったりのプレイ内容だと、お互い飽きてマンネリ化してしまいます。
そうなると関係を長期間継続させるのは難しくなってきます。

たまには環境を変えたりアダルトグッズを変えたりプレイスタイルを変えたりと、変化を付けてマンネリ化を防ぐようにしましょう。